IBJメンバーズの成婚率が高い理由が分かった!

結婚する女性

IBJメンバーズの公式サイトを見ていると、一番最初に目に飛び込んでくるのは「成婚率:52.2%」というデータです。

「結論。婚活は、サポートで変わる」というキャッチコピーと同時に目に入ります。

成婚率の他にもIBJメンバーズの特徴を表すデータが掲載されています。

・お見合い率:92%
・交際実現率:78%
・一年以内の成婚率:62%

こういう実績の数字って、多くの結婚相談所では公表されていません。

というにも、一般的な結婚相談所の成婚率は10%~20%前後という実績になっています。

「高いお金を払う割に結婚できない!」と思われると困るので、数字を公表していないんです。

 

ただし、成婚率は算出方法が違う場合があるので注意しないといけません。

結婚相談所で採用されている成婚率の計算方法には下記の2つがあります。

【1】成婚人数÷全会員数
【2】成婚人数÷全退会者数

2つの式を比較すると、成婚人数を全退会者数で割っている【2】の方が成婚率が高くなります。

IBJメンバーズは【2】の計算式で成婚率を表示していて、成婚率10%前後の結婚相談所は【1】の計算式で算出しているのです。

だからといって「なぁ~んだ、計算式で高いように見せ掛けてるだけじゃん!」と思うのは早合点です。

IBJメンバーズは成婚率が高くなる計算式で計算していますが、それでも高い成婚率だということには間違いないんです。

どういうことかというと、「全退会者数」というのは「結婚が決まった」か「ここじゃダメだ」ってことで退会した人のことです。

つまり婚活サポートを受けて活動した人の二人に一人が結婚しているということになります。

少人数担当制でその人に合った婚活プランやお相手探し・交際サポートを受けられるからこその実績と言えます。

 

そして公表はされていませんが、成婚率が高い理由には「成婚料の設定」ということも少なからず成婚率を高める要因となっています。

成婚料は結婚が決まった時点で支払う費用のことですが、この成婚料の一部がカウンセラーに成果報酬として支払われることになっています。

カウンセラーの人もボランティアではなく職業として従事しているので、成果を上げることで報酬を得られればモチベーションアップにもつながります。

結婚が決まらないと発生しない費用なので、結果に対しての成果報酬ということで会員さんもカウンセラーも嬉しい仕組みと言えます。

中には会員さんを入会させることで成果報酬が発生する結婚相談所もありますが、その場合だとカウンセラーは入会させることに一生懸命になってしまいがちです。

なので入会後のサポートがおろそかになってしまうという悪循環になってしまっている結婚相談所も実際に存在します。

その点でも、成果が発生するのが「結婚が決まったら」というのは、多くの人がメリットを享受できる仕組みと言えます。

成婚料は0円という結婚相談所もある中で成婚料を支払うのは嫌だと思うかもしれませんが、その成婚料が高い成婚率を維持する原動力となっていると考えれば少しは納得できます。

もちろん成果報酬が欲しいからといって、カウンセラーから強引に結婚させられることはありませんのでご安心を。

そんなクレームが続けば、カウンセラーは職を失うことになりかねませんから。

あくまでも会員さんに喜んで結婚してもらえてこその成果報酬なのです。

 

これらのようにカウンセラーのサポート体制と報酬の仕組みが、IBJメンバーズの成婚率が高い理由と考えられます。

結婚相談所に入会する目的は「結婚すること」です。

結婚相談所比較で、結婚できる確率を高める仕組みでサポート力が期待できるIBJメンバーズを選ぶ人が多いのも納得できます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA